トップ > 企業情報 > カネヒラ鉄鋼の歴史

歴史

創業天保10年 カネヒラ鉄鋼の歴史

当社は天保10年(1839年)大阪西区立売堀に和鉄問屋として創業し、以後170余年間、一貫して鉄鋼商社の道のりを歩んできました。先進国ヨーロッパから圧延鋼材を輸入したのも当社が最初であり、現在に至るまで鉄鋼業界躍進に大きく貢献、名実ともに「鉄のカネヒラ」の基盤を築きました。
資源、エネルギーが叫ばれる今日ですが、わが国産業の大動脈を支えるのは依然として鉄鋼であり、その流通の責任を担うのが商社です。
当社の、日本産業の発展と共に過ごした歴史です。

1839年~1905年

▼ カネヒラ鉄鋼での歩み
▼ 社会での出来事
天保10年(1839年)
創業、播州三木方面、泉州堺方面の金物問屋に和鉄を商う。
・蛮社の獄で高野長英などが捕らえられる
・天保の大飢饉が終息
・水野忠邦、筆頭老中になる
明治2年(1869年)
明治維新後、神戸の外国商館と直接取引を行い、関西で初めて欧州からの鉄鋼輸入に先鞭をつけ、折からの鉄鋼需要増大で大飛躍する。
・版籍奉還が行われる
・東京・横浜間に電信が開通
・戊辰戦争が終結
明治38年(1905年)
明治34年官営八幡製鉄所の設立に続いて民間製鉄所の設立もあいつぎ、小林製鉄所(後の神戸製鉄所)など各社製品の取次ぎをはじめる。
・日露講和条約(ポーツマス条約)が結ばれる
・夏目漱石が「吾輩は猫である」連載開始
・阪神本線開業

 ページトップへ

1933年~1945年

▼ カネヒラ鉄鋼での歩み
▼ 社会での出来事
昭和8年(1933年)
山陽製鉄所(現在の山陽特殊製鋼(株))を設立、特殊鋼、普通鋼の生産を行う。
・ヒトラーがドイツ首相に就任
・国際連盟を脱退
・大阪で日本初の公営地下鉄が開通する
昭和9年(1934年)
個人経営から、合名会社山本東作商店に改組する。
・室戸台風が日本上陸
・ベーブ・ルースら大リーグ選抜チームが来日
・渋谷に忠犬ハチ公の銅像設置
昭和20年(1945年)
終戦の混乱から一時休業
・第二次世界大戦終戦
・枕崎台風 が日本上陸
・世界初の電子計算機が作られる

 ページトップへ

1933年~1945年

▼ カネヒラ鉄鋼での歩み
▼ 社会での出来事
昭和22年(1947年)
山陽製鋼(株)(現山陽特殊製鋼(株))の経営権を譲渡
・日本国憲法が施行される
・手塚治虫「新宝島」出版
・読売ジャイアンツ日本球界初の永久欠番を制定
昭和24年(1949年)
経営を再開。特需と産業界の復興を契機に盛り返す。この時期、(株)神戸製鋼所・大阪製鋼(株)(現合同製鐵(株))の製品取扱いで、指定問屋となる。
・湯川秀樹がノーベル物理学賞を受賞
・プロ野球がセ・パ両リーグに分裂
・東京証券取引所設立
昭和30年(1955年)
新たに(株)山本東作商店を創立し、合名会社山本東作商店の債権債務等一切を継承。また旧(株)小野弥商店の鉄筋部門の譲渡を受け、小野鉄筋工業㈱を設立し、鉄筋加工・組立て事業に進出する。
・トヨタ自動車が「クラウン」を発売
・後楽園遊園地が完成
・日米原子力協定調印

 ページトップへ

1963年~1987年

▼ カネヒラ鉄鋼での歩み
▼ 社会での出来事
昭和45年(1970年)
屋号カネヒラを商号の一部とし、社名をカネヒラ鉄鋼(株)に改称、これを機に社屋を新築。また物流の拠点として、大阪南港に鋼材センター(収容能力25,000トン、荷役能力1,000トン/日)を完成、ユーザーに対しジャスト・イン・タイムの納入体制を確立。一方、北陸地区拡販のため、カネマツ鋼材(株)を設立。増大する事務量に対応しコンピューターを導入。
・早川電機工業がシャープに社名変更
・ビートルズ解散
・ケンタッキー・フライドチキンの日本第1号店が名古屋市に開店。
昭和46年(1971年)
小野鉄筋工業(株)を吸収合併
・特撮テレビドラマ『仮面ライダー』放映開始
・日清食品が「カップヌードル」を発売
・マクドナルド日本第1号店「銀座店」オープン
昭和48年(1973年)
南港鋼材センターの第2期工事として建屋を1棟増築し、併せて事務所を完成。初めて月間売上げ数量15,000トンを突破。
・江崎玲於奈がノーベル物理学賞受賞
・アース製薬が「ごきぶりホイホイ」を発売
・山口百恵がシングル「としごろ」で歌手デビュー
昭和49年(1974年)
東京営業所を都内港区新橋に開設。関東市場へ進出し、ネットワークを拡大する。
・セブン-イレブンが東京都江東区豊洲に第1号店出店
・巨人の長嶋茂雄選手引退
・ウォーターゲート事件でニクソン米大統領辞任
昭和54年(1979年)
月間売上げ数量20,000トンを達成。
・ソニーが「ウォークマン」を発売
・朝日放送テレビ「おはよう朝日です」放送開始
・サッチャーがイギリス首相に就任
昭和55年(1980年)
高炉メーカーと磁気テープによるデータ交換を開始。
・巨人軍の王貞治、現役引退
・山口百恵、日本武道館で引退公演
・ルービックキューブが日本で発売
昭和58年(1983年)
東京営業所を都内中央区京橋へ移転、姫路営業所を白浜町に新設する。
・東京ディズニーランド開園
・任天堂が「ファミリーコンピュータ」を発売
・NHK朝の連続テレビ小説「おしん」が視聴率62.9%を記録
昭和61年(1986年)
サンメタル(株)を設立し、新規事業へ進出する。
・男女雇用機会均等法施行
・チェルノブイリ原子力発電所事故が起こる
・英チャールズ皇太子とダイアナ妃が来日
昭和62年(1987年)
業容拡大から、東京営業所を東京支店に名称変更。一方、円高不況克服のため、姫路営業所を本社へ統合する。
・国鉄が分割・民営化されJRグループ発足
・日本の外貨準備高が西ドイツ抜き世界一へ
・世界の人口が50億人突破

 ページトップへ

1993年~2014年

▼ カネヒラ鉄鋼での歩み
▼ 社会での出来事
平成5年(1993年)
カネヒラ(株)を吸収合併。
・Jリーグ開幕
・法隆寺・姫路城・屋久島・白神山地が日本で初の世界遺産登録
平成7年(1995年)
社内ネットワーク完成(パソコン一人一台)。
・阪神・淡路大震災
・マイクロソフトがWindows 95を発売
・野茂英雄が米大リーグで活躍 新人王も獲得
平成10年(1998年)
貿易グループ発足。
・郵便番号の7桁化が開始
・明石海峡大橋開通
・映画「タイタニック」ブーム
平成11年(1999年)
福山営業所を広島県福山市鞆町後地に開設。
・世界人口が60億を突破
・NTTが3社に分割される
・石原慎太郎が東京都知事に就任
平成15年(2003年)
タイ国バンコクに現地法人 Kanehira Steel(Thailand)Co.,Ltd. 設立(ISO14001未取得)。
・郵政事業庁が日本郵政公社に
・住民基本台帳ネットワークシステムが本格稼働
・JR西日本の近畿圏でICOCAの運用開始
平成19年(2007年)
福山営業所 移転。
・第1回東京マラソン開催
・東京ミッドタウンが開業
・Googleが携帯電話専用検索エンジン提供開始
平成20年(2008年)
JIS Q 14001:2004/ISO 14001:2004 環境マネジメントシステム認証取得。
・アップル社の「iPhone」が日本で発売
・ソニー、従業員1万6000人削減を発表
・リーマン・ショックが起こる
平成22年(2010年)
中国 廣東省佛山市に事務所開設(ISO14001未承認)。
・小惑星探査機「はやぶさ」が地球に帰還
・東北新幹線八戸・新青森間開通
・日本年金機構が発足
平成24年(2012年)
・静岡営業所を富士市島田町に開設(ISO14001取得済)。
・中国廣東省佛山市に現地法人佛山可内希楽鋼鉄貿易有限公司開設。(ISO14001未取得)
・世界一の高さ 東京スカイツリー竣工
・消費税法の改正案が参議院で可決成立
・世界人口が70億人を突破
平成26年(2014年)
・タイ国現地法人 倉庫新設によりサムトプラカーンへ移転。
・消費税5%から8%に
・「笑っていいとも」が放送終了
・70年ぶりにデング熱国内感染

 ページトップへ

事業所紹介

  • 大阪本社
    大阪府大阪市西区
    立売堀1丁目10番7号
    代表 TEL 06-6532-1121
  • 東京支店
    東京都中央区八丁堀2-11-7
    MC八丁堀ビル8階
    TEL 03-5542-5670 
  • 福山営業所
    広島県福山市鞆町後地26番地85
    TEL 084-982-3257
  • 静岡営業所
    静岡県富士市島田町1-1
    TEL 0545-55-1616 
  • 南港鋼材センター
    大阪府大阪市住之江区
    南港南1丁目2番194号
    TEL 06-6612-1671

    (株)ケイエムティー
    大阪府大阪市住之江区
    南港南1丁目2番194号
    TEL 06-6612-3031

    カネヒラ運輸(株)
    大阪府大阪市住之江区
    南港南1丁目2番194号
  • 海外拠点
    【タイ】
    118/6 Moo 9 Leabklongsongnam
    Suvarnabhumi Rd.Bangpla,
    Bangplee Samutprakan 10540
    TEL 66-2-136-2791
    【中国】
    中国廣東省佛山市禅城区汾江
    中路121号17楼I房
    TEL 86-757-8236-9308

 ページトップへ

| 個人情報の保護について |    copyright(c) 2001-2006 KANEHIRA STEEL CO.,LTD. All rights reserved