トップ > ペタンク > ペタンクルール

ペタンク

ペタンクルール

シンプルなルールだからこそ光る技と戦略。
自分のブールを相手のブールにヒットさせ、弾き飛ばす瞬間がエキサイティング !

【用意するもの】

  • ・ボール(ブール) / 直径7.05cm~8cmの金 属製で、重量は650g~800g
  • ・目標球(ビュット) / 直径30mm(許容+-  1mm)の木製もしくは合成素材。着色可
  • ・メジャー / 約2mぐらいのもの

【対戦方式】

  • ・シングルス(1人対1人) 持ち球は各自3球ずつ
  • ・ダブルス(2人対2人) 持ち球は各自3球ずつ
  • ・トリプルス(3人対3人) 持ち球は各自2球ずつ
  • ※参加人数、持参のブール数に合わせて調整

【基本ルール】トリプルスの対戦で説明

  • 01 4m×15mの長方形の枠(コート)を作る。(基本的に枠の中で競技進行)
  • 02 チーム(選手3人)ごとに各自ブールを2個ずつ持つ。
  • 03 じゃんけんで目標球(ビュット)を投げるチームを決める。
  • 04 ビュットを投げるチームが投球の基点となるサークル(直径約35cm~50cmの円)を地面に描く。
  • 05 (3)で勝ったチームがサークル内に立ち、ビュットを投げる。有効距離は6m~10mの間で、3回まで投げ直しが可能。失敗すると相手チームに投球権が移る。
  • 06 ビュットを投げたチームから、1人投球(1投)。
  • 07 続いて、相手チームから、1人投球(1投)。全員ひとまわりするまで、各チームが交互に投げる。
  • 08 どっちのブールがビュットに近いか、両チームで判断する。
  • 09 ビュットに遠い方のチームが、相手チームよりも近い距離に迫ることができるまで連続して投げる。自分の持ち球以外は投げられないが、投げる順番は前後してもOK。近くに投げるのが難しいと感じた時は、相手のブールを弾き飛ばすのもひとつの作戦。
  • 10 両チーム、12個のブールを投げ終わったら1セット終了。
  • 11 両チームが立ち会い合意の上、得点を計算。相手チームのブールよりもビュットに近いブールの数が得点となる。
  • 12 2セット目は、試合終了時のビュットの位置を中心に、勝ったチームが新たな投球円を書き、ビュットを投げて試合を開始。
  • 13 どちらかのチームが13点(大会規則により11点の場合もあり)を獲得した時点でゲーム終了。

事業所紹介

  • 大阪本社
    大阪府大阪市西区
    立売堀1丁目10番7号
    代表 TEL 06-6532-1121
  • 東京支店
    東京都中央区八丁堀2-11-7
    MC八丁堀ビル8階
    TEL 03-5542-5670 
  • 福山営業所
    広島県福山市鞆町後地26番地85
    TEL 084-982-3257
  • 静岡営業所
    静岡県富士市島田町1-1
    TEL 0545-55-1616 
  • 南港鋼材センター
    大阪府大阪市住之江区
    南港南1丁目2番194号
    TEL 06-6612-1671

    (株)ケイエムティー
    大阪府大阪市住之江区
    南港南1丁目2番194号
    TEL 06-6612-3031

    カネヒラ運輸(株)
    大阪府大阪市住之江区
    南港南1丁目2番194号
  • 海外拠点
    【タイ】
    118/6 Moo 9 Leabklongsongnam
    Suvarnabhumi Rd.Bangpla,
    Bangplee Samutprakan 10540
    TEL 66-2-136-2791
    【中国】
    中国廣東省佛山市禅城区汾江
    中路121号17楼I房
    TEL 86-757-8236-9308

 ページトップへ

| 個人情報の保護について |    copyright(c) 2001-2006 KANEHIRA STEEL CO.,LTD. All rights reserved